2018/10/17 17:56

 

 
 
お部屋の雰囲気作りに照明やインテリアなどのセレクトが重要なポイントであることはいうまでもありません。
 
一般的に意識されることが少ないのはないかと思いますが、窓辺を飾るカーテンレールも、質感にこだわってセレクトすることで、お部屋の雰囲気がランクアップします。弊店では「黒皮」のアイアンを使ったカーテンレールをオリジナルで製作・販売しています。
 
「黒皮」の色ムラや均等ではない無骨な表情を気に入ってくださる方も多くいらっしゃいます。黒いアイアンが、白い壁によく映えます。
 
 
さて、この「黒皮」とは、どのような素材なのでしょうか?
 
まずは下の写真をご覧ください。ツルっとした質感は一般的に出回っている「黒い塗装のアイアン」です。
 
 
 
そして色ムラがある下の写真が「黒皮のアイアン」です。
 

鉄を1000℃前後で成型すると、温度が下がる際に空気に触れている表面が酸化して、被膜を作ります。これを「酸化被膜」といいます。つまり、『酸化被膜=黒皮』なのです。自然にできるモノなので、色ムラや表情があるのですね。
 
この黒皮、今はオシャレなアイアンとして注目されていますが、元々は「丸棒」といって、配筋などに使用されているものです。表面に多少傷がついたり、寸法に多少誤差があるのが当たり前という、まさに「無骨でワイルド」な素材です。
 
弊店では無骨で素朴な味わいに魅力を感じ、アイアンカーテンレールとして製作・販売しています。もちろん、素材をセレクトして使用・加工しますので、「傷が在りすぎる」「寸法が違う」ということはありません。ご安心ください。
 
 
商品はすべて「カスタムオーダー」です。直径9㎜か13㎜、シングルかダブルをお選びいただき、ご希望の長さで製作します。またカーテンを下げるときに必要なリングランナーも付属部品としてお付けします。
 
 
 
 
 
装飾のないシンプルな形と無骨なアイアンの質感がカーテン布を引きたてます。自然にお家に馴染みながら、印象的な窓辺を演出してくれます。カーテンレールもインテリアの一つです。こだわってセレクトすることで、お部屋の雰囲気がガラリと変わります。「黒皮のアイアンカーテンレール」を是非お部屋に取り入れてみませんか?